プロフィール

Nuevo

Author:Nuevo
LAに住む日本人。
写真にすると不思議な事に、見慣れた物でも新鮮に見えたりする。
ハッとしたり、感動したり、常に新しい感覚を持ち続けられたら…
そんな私の勝手気ままなブログへ
よーこそ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Nuevo's Times
「Nuevo=New=新しい」 毎日そんな感覚で普段見過ごされている何気ないひとコマが写真に撮れたら… Photo Essayで言いたい放題の独り言ブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立記念日 !
夏本番。 暑さに負けないように食事をちゃんと食べて…ということで家ではライムを山のように買った。 あまり多いので、30個分ぐらいは絞ってキュウビック型に冷凍にしたほど。 「安いからと言っても
買い過ぎだよ…」 とどこからか声が。
ライムを絞って振りかける。 生野菜はもちろん、肉料理、焼き魚にも。
昨日も今日も、そして明日も。  

 July 4thが近くなるとスーパーマーケットの駐車場には花火を売る為の即席店舗ができる。
日本では一年中いつでも花火を買う事が出来た。しかもそれが当たり前のように思っていたが、ここに来て驚いた。花火は普段禁止されていて、特別な日のみこのように掘建て小屋?みたいなところで売られるのだ。
ここカリフォルニヤは夏が火事のシーズンになるからか…、それとも爆発物だからか…。
それに日本のように情緒がある可愛い花火など見た事がない。 例えば線香花火のような☆
みんな打ち上げ花火のように大きな物が人気を集めているようだ。
ニュージーランドでも花火が楽しめるのは1年で「Guy Fawkes Day」のお祭りで、一週間のみOK。
それ以外の日は違法になるという。 やはり理由は「花火は火災の原因」という考えからのようだ。
国が違えば条件も違う。常識も考え方もが。

 日本では線香花火は「おもちゃ花火」と呼ばれているぐらい一般化しているもの。
そこで線香花火が米国で売られていないことについてあるブログにお子様の疑問が書かれていた。その一部分をちょっと拝借してみました。
(注: この質問の中で言われている「花火」とは線香花火のことらしい。 日本に帰国している間、線香花火を楽しんでいた時の事)
       「『アメリカでは銃が販売されているのに、どうして花火は売られていないの? 
        花火は銃より危険なの?』という素直で鋭い質問を投げかけてきました。」 
う~ん、確かに。 幼い子供の疑問に、私も同感。
さて、皆さんはどう思われるでしょうか?
hanabi.jpg


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

花火はエンターテイメントで誰でも簡単に操作できるぶん、簡単に火災や事故につながるから取り締まりが厳しい銃より危険だということでしょうか?銃より遊び心が加わるし。。。花火の方が銃の重みがない分事故になりやすいというか。。。。どうでしょう???

(さっき同じようなコメント残したけど投稿できなかった。。。)2重投稿になったらすみません!!
【2008/07/06 16:48】 URL | midori #- [ 編集]


そうね、 銃は簡単に人の命を奪う事になるわけだし…
火事も人命に関わるような事もあるけど、銃の方が直接的なものだからでしょうね。
子供の疑問からいろいろ大人が考えさせられる事ってあるよね~。 大人になると何も不思議に
思わずにそのまま受け入れてしまう事って多いから…。 これが常識、これが当たり前、なんて。
疑問を持つ事はいい事だと思う。 で今の疑問は「ガソリン」かな…。 誰が操作してるのか…?って。 
【2008/07/08 06:47】 URL | Nuevo #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nuevoangels.blog81.fc2.com/tb.php/35-23bb1d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。